2015年02月15日

2015年2月14日朝(日本時間2月14日夕方)、ブラジル・サンパウロで行われたサンバカーニバルに、青森県五所川原市が寄贈した、高さ15mの「たちねぷた」が登場!




ブラジル・サンパウロ(Sao Paulo)のアニェンビ・サンボドロム(Anhembi Sambadrome)で13日、毎年恒例のサンバカーニバルが開幕した。

2015年2月14日朝(日本時間2月14日夕方)、ブラジル・サンパウロで行われたサンバカーニバルに、青森県五所川原市が寄贈した、高さ15mの「たちねぷた」が出場した。

たちねぶた.jpg

 今回披露された「たちねぷた」は、東日本大震災後に復興の祈りをこめて制作された『復興祈願 鹿嶋大明神と地震鯰(じしんなまず)』で、これには、震災後の義援金や重機を使ったがれきの撤去、物資の寄贈など、様々な支援を行ったブラジルに対する感謝の気持ちが込められているとのこと。

「たちねぷた」は、40フィートコンテナ15台に分割された状態で1ヶ月半かけて船で運ばれ、1月にブラジルに到着した際から、現地で大きな話題となっていた。サンバカーニバルに他国の祭事がそのまま持ち込まれるのは異例のことで、14日朝に山車の一つとしてねぷたが登場した際には、大きな歓声とともに迎えられた。

 「たちねぷた」が披露されたのは、サンパウロサンバカーニバル1部リーグの有力チームである「アギア・ジ・オウロ」の演目の中で1時間ほど。「アギア・ジ・オウロ」は、2015年が日ブラジル修好通商条約締結120周年にあたることから、演目テーマを『ブラジルと日本、120年の融合』としており、500名以上の日系人と、100名程の日本人を含む総勢約3,500人が、このテーマのもとに趣向を凝らした衣装と山車で日本を表現した。発起人でもあり、衣装デザインを手がけたファッションデザイナーのコシノジュンコや、平山誠敏五所川原市長も、ねぷたとともに出場しカーニバルを盛り上げた。

カーニバルの順位結果発表は、現地時間2月17日に行われる予定。

※サンパウロたちねぷたプロジェクトとは
日伯修好通商条約締結120周年を迎える2015年に、160万人の日系人が暮らすブラジルで日本の本物の祭りを披露することで、日伯の文化交流に寄与するとともに、2016年リオデジャネイロオリンピック、及び、2020年東京オリンピック開催に向けて、サンパウロ市、ならびに五所川原市を中心とした東北全域への観光客誘致や経済の活性化に貢献することを目的に設立。

【起ちあがれ東北!ありがとうBRASIL!サンパウロたちねぷたプロジェクト2015 開催概要】
・ 実施期間:2015年2月13日(金)〜2月18日(水) ※「アギア・ジ・オウロ」出場 2月14日(土)4:55〜6:00
・ 実施場所:ブラジル・サンパウロSambódromo do Anhembi (サンボードロモ・ド・アニェンビー)
・ 主催:起ちあがれ東北!ありがとうBRASIL!サンパウロたちねぷたプロジェクト2015実行委員会
(JUNKO KOSHINO株式会社、特定非営利活動法人 国際交流促進協議会ほか)
・ 共催:五所川原市、独立行政法人 国際交流基金
・ 後援:外務省、観光庁、青森県、駐日ブラジル大使館、在サンパウロ日本国総領事館、一般社団法人在日ブラジル商業会議所、特定非営利活動法人在日ブラジル人を支援する会
・ 協賛:株式会社商船三井、株式会社MOL JAPAN、鈴与株式会社、株式会社フジドリームエアラインズ、株式会社アゴーラ・ホスピタリティーズ、ブラデスコ銀行、味の素株式会社、ブルーツリー・ホテルズ&リゾーツ、ターキッシュ エアラインズ、株式会社JTB東北、株式会社アオイ、株式会社三修社、JUNKO KOSHINO株式会社、株式会社ブレイン、ほか
・ 特別協力:独立行政法人国際交流基金
・公式ホーム:http://tatinepta-project.jp

サンバカーニバルとは、サンバを中心とした祭(カーニバル)。

posted by sky at 14:36| Comment(0) | 季節祭事・歳時 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

トランスアジア航空の旅客機が2/4日午前11時すぎ台北中心部の空港を離陸した直後、近くの川に裏返しになって墜落 25人が死亡


台湾・台北(Taipei)市郊外で4日、乗員5人を含む58人が乗った復興(トランスアジア)航空(TransAsia Airways)の旅客機が高架道路に接触して川に墜落した事故で、少なくとも11人が死亡したとみられている。


◆台湾の台北で、乗客、乗員合わせて58人が乗った旅客機が空港から離陸直後、近くの川に墜落し、これまでに25人が死亡しました。
現場では、依然として18人の行方が分からなくなっていて、当局が救助活動を急いでいます。

4日午前11時すぎ(日本時間の正午すぎ)、台湾の台北発、金門島行きのトランスアジア航空の旅客機が台北中心部の空港を離陸した直後、近くの川に裏返しになって墜落しました。
現地対策本部によりますと、旅客機はATR72型機の双発のプロペラ機で、乗客、乗員合わせて58人が乗っていて、これまでに25人が死亡したということです。
また、15人が救助され、病院で手当てを受けています。

現場では、依然として機内に取り残されるなどして18人の行方が分からなくなっているということです。
消防などでは、機体の一部を川岸に引き上げるとともに救助活動を行っています。
台湾との窓口になっている日本の交流協会では、この事故に巻き込まれた日本人はいないとしています。
地元メディアは、墜落直前の旅客機の乗組員と管制官とのやりとりを伝えていて、この中で乗組員は、離陸から2分後に管制官に「エンジンが故障した」などと緊急事態を知らせたあと、呼びかけに応答しなくなったということです。

また、地元のテレビで放送された車載カメラの映像では、旅客機は台北の空港を飛び立ったあとバランスを崩しながら高度を落とし、空港近くの高架道路を走っていたタクシーと道路の側壁に接触して、翼の破片が飛び散る様子が映っています。

台北市によりますと、接触したタクシーに乗っていた2人もけがをしたということです。
トランスアジア航空は、去年7月にも旅客機が台湾西部の澎湖島の空港近くで着陸に失敗して炎上し、48人が死亡する事故が起きています。           

ATR 台湾に担当者派遣へ

墜落した旅客機を製造したフランスの航空機メーカーATRは、台湾の当局による事故原因の調査に協力するため技術者4人を現地に派遣することを決めました。
4人は、フランス政府の航空機事故調査局の調査官2人と共に4日中にフランスを出発する予定で機体に関する情報を提供するなどして原因調査に協力するとしています。

◆台北で4日午前11時(日本時間正午)ごろ、乗客乗員58人が乗った復興航空(トランスアジア航空)機が市内の松山空港を離陸した直後、近くの基隆河に墜落した。同日夜までに15人が救助されたが、25人が死亡、18人は安否を確認できていない。機体の一部は長時間水中に沈んでいた。

 墜落したのは昨年4月に納入された双発プロペラ機ATR72型機で、先月26日に点検を行っていたという。中国福建省アモイ対岸にある台湾の離島、金門島行きで、乗客のうち31人は金門島から船で中国に戻る予定の中国人だった。日本人乗客はいなかった。

 近くのマンションで事故を目撃した男性によると、旅客機は「シューッ」という音を立てながら低空を西側から飛来し、高架道路をかすめて川に墜落。同じマンションの警備員は「エンジン音が聞こえなかった」としており、エンジンに問題が起きていた可能性がある。道路を走行していたタクシーにも被害があり、運転手ら2人がけがをした。

 台湾メディアによると、パイロットは離陸2分後に救難信号を出した。墜落したのは松山空港から約5キロ離れた新興ビジネス街の南港地区。台湾大手の中国信託商業銀行が本店を置くほか、ソフトウェア工業園区の整備も進む。近くには10階程度のマンションも並んでおり、パイロットは市街地での墜落を避けようとして川に向かったのではないか、との見方も出ている。

 墜落した機体はひっくり返り、下半分が川面から出ている状態になっていた。消防や軍などの約千人が投入され、ゴムボートなどで近づいて救助活動に当たった。ダイバーの姿も見えた。夜には重機で機体の一部を川岸に引き揚げ、周辺水域の捜索も行った。

 中国国営新華社通信によると、墜落機に乗っていた中国人はアモイの旅行会社を通して訪台していた。習近平(シーチンピン)国家主席は関係機関に対し、救助活動に協力するよう指示。国務院台湾事務弁公室は台湾当局に全力で救助にあたるよう求め、国営中央テレビも救助作業の様子を生中継した。

 2008年に中国人の台湾観光が全面解禁されて以来、中国の旅行ブームを背景に台湾を訪れる中国人は年々増加。中国国家観光局によると、2009年に98万人余りだったが、13年には3倍近い約292万人まで膨らんだ。

 復興航空は台湾の離島・澎湖島で昨年7月、乗客乗員48人が死亡する旅客機墜落事故を起こしている。
posted by sky at 21:35| Comment(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

後藤さん、まばたきで「助けるな」とモールス信号でメッセージを送っていた?

後藤さん、まばたきで「助けるな」とメッセージか・・「かっこ良すぎる」と涙誘う―台湾メディア

イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に誘拐され、殺害されたとみられる日本人ジャーナリストの後藤健二さんが、まばたきで「助けるな」とメッセージを送っていたとの見方が日本のネット上で広がり、「かっこ良すぎる」と称賛が上がっている。2日付で台湾メディア・ETtodayが伝えた。

後藤さんは「イスラム国」が公開した動画の中で、「助けるな」「見捨てろ」とまばたきを使ったモールス信号でメッセージを送っていたとの見方が1日、日本のネット上で広がり、ネットユーザーたちの涙を誘った。

日本人ネットユーザーが投稿した後藤さんのまばたきを使ったモールス信号を解析した動画を見ると、毅然とした表情を崩していない。さらに良く見てみると、後藤さんがまるで何かを伝えるような感じで故意にまばたきをしているようにもとれる。

このまばたきを日本人ネットユーザーが解析し、モールス信号で「助けるな」「見捨てろ」とのメッセージを送っていたと指摘。これに多くのユーザーが胸を打たれ、「かっこ良すぎる」と称賛を送っている。

一方、「イスラム国」が公開した動画は編集されているため、後藤さんのまばたきが不自然な動きになっただけだとする意見も上がった。

話を聞いたうちの一人は、「まばたきでモールス信号を送るのは、訓練をしたとしてもかなり難しいこと。たとえば『まばたきを3回したら○○の意味』などという個人的な暗号があったなら別だが、これがモールス信号とは考えにくい」と話した。

 また、神戸大学大学院工学研究科の森井昌克教授は、この内容が報じられたニュースに対してネット上で「モールス符号という用語が出ているので、情報通信研究室を主宰しているものとしての一見解です」とし、「結論から言って、無理やりな『こじつけ』ではないか、ということです」「人間は緊張すると一般的に瞬きが増え、それを繰り返しますから、『何かメッセージでは?』と読み手が強く意識して見れば、そのように思えてしまいます」などとコメントしている。

「後藤さんは「イスラム国」が公開した動画の中で、「助けるな」「見捨てろ」とまばたきを使ったモールス信号でメッセージを送っていた」
と言うのは現在のところ真偽のほどは不明と言うことなのか。
posted by sky at 22:52| Comment(0) | 戦争・紛争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。